コンテンツへスキップ

ターナー症候群のお子さんを育てられた親御さん達からの体験談を掲載しています。子育ての中で「なんでだろう?」と思っていたことが、ターナー症候群のお子さんに共通する特徴かもしれません。先輩お母さんの体験談を聞くと「そうだったのね!」と気が楽になりました。ターナー症候群のお子さんの特徴を理解することで、支える私達も接しやすくなりますし何より本人が過ごしやすくなるでしょう。※一人一人個性は千差万別ですので、当てはまるまらないこともありますのであくまでもご参考にお考え下さい。

(高校生)
1 この時期の女性ホルモン治療は必須。過食・拒食になり易い。ひいてはうつ病や精神疾患に
  繋がるので要注意。
2 コミュニケーション能力が低めなので、ぼっちになり易い。軽めの部活に入ったり、趣味を持つ
  と良い。(中学よりは過ごし易い)
3 進路を早めに決めて取り組むと、ゆとりを持って就職や受験に備えられる。特に就活が厳しい性格
  なので、高校に入ってすぐに始めることをオススメ。
4 歯の矯正は継続。足を使った運動も習慣づけると良い。
5 お弁当作りや料理を一緒にするようにすると、将来自分で栄養管理がし易い。(太り易い体質
  なので)
6 母親との距離を考える時期。あまりべったりは良くない。自立を考える。(母親依存が強い)
7 外で、ものすごく気を使うので、家ではリラックスできるように心がける。体力がない。
8 精神年齢はだいぶ追いついてくるが、まだ低め。先が読めなかったり、アクシデントにめっぽう
  弱い。慣れると対処できるので、色々体験することが大事。
9 電話も苦手。